ドナー・プライバシー通知

このポリシーは前回、2018年2月8日に更新されました。

キワニスのプライバシー通知

プライバシー通知の改訂
  • このプライバシー通知は随時更新される可能性があります。プライバシー通知が更新されると、プライバシー通知が最後に更新された日時が反映されるよう、最新更新日が更新され、ドナーは電子メールで改訂についての通知を受けます。

個人情報の見直しと修正

キワニス子ども基金に問い合わせて、キワニスが収集した自分の個人情報を見直したり、個人情報に対する修正を請求することができます。

キワニス子ども基金
3636 Woodview Trace
Indianapolis, IN 46268

フリーダイヤル:1-800-KIWANIS、内線番号254(米国およびカナダ)
世界共通番号:+1-317-217-6254
ファックス:+1-317-471-8323
電子メール : childrensfund@kiwanis.org

個人情報の収集と利用

キワニス子ども基金では、以下の事業活動を実行する目的のみのために、ドナーの方々に関する個人情報を収集します。

  • 資金調達
  • 会長や理事の役職、キワニス子ども基金委員会、タスクフォース、その他の職務に対し、可能性のある候補者の特定
  • クラブやメンバーへの周知を目的とした、地区リーダーに対する重要な組織情報の通知
情報が共有される人たち
キワニスでは、さまざまな目的のために個人情報を共有することがあります。
以下で、個人情報が共有される方法、および個人情報の共有の断り方について説明しています。

キワニスのサービス・プロバイダー:キワニスの代理として役割を実行してくれる他の事業者、特定のサービス、個人を利用する場合があります。例えば、受注処理、電子メールの送付、ウェブサイト解析、データ解析、マーケティング支援の提供、クレジットカード決済の処理、カスタマーサービスの提供などがあります。これらの代理人が、特定の役割を実行するために、個人を特定可能な情報にアクセスする場合がありますが、製品やサービスに関する宣伝をあなたやあなたの友達に送付するなど、彼ら自身の目的のために個人情報を使用することはありません。

個人情報について懸念がある場合は、電子メール(childrensfund@kiwanis.org)またはお電話(1-800-KIWANIS、内線番号254/米国およびカナダ、または+1-317-217-6254/世界共通番号)でキワニス子ども基金にお問い合わせください。

行政または法的処理:適用法に準拠するために通知なくサードパーティに対し、およびキワニスの権利またはウェブサイトの他のユーザーの権利を保護するために法執行機関に対し、個人情報が転送される場合があります

ドナー情報

共有
  • キワニス子ども基金では、ドナーに適切な事業サービスを提供するために、またはドナーに関連するキワニス子ども基金の事業活動について特定の事業役割を実行するために、必要な場合にサービス・プロバイダーにドナー情報を提供します。
  • キワニス子ども基金は、法律で義務付けられてない限り、ドナーのリストやドナーの個人情報を他の組織と共有することはありません。
  • キワニス子ども基金は、ドナーのリストやドナーの個人情報を他の組織との間で、販売、取引、賃借、交換することはありません。
  • キワニス子ども基金は、ドナーのリストをサードパーティとの間で、販売、取引、賃借、交換することはありません。
  • キワニス子ども基金は、他の組織の代理として郵送物を送付することはありません。
  • キワニス子ども基金は、サービス・プロバイダーがプライバシー・ガイドラインを順守することを求めます。データが共有される場合、サービス・プロバイダーとの間で秘密保持契約が締結され、キワニス子ども基金とサービス・プロバイダーとの契約に含まれる契約規定によりデータの共有が回避されます。
  • キワニス子ども基金は、年報において、指定額以上のドナー名のリストを発表します。具体的な寄贈額は公表されず、匿名による寄付および「オプトアウト(公開を断る)」オプションも利用できます。このような依頼は、キワニス子ども基金にお問い合わせください。
データの収集
  • キワニス子ども基金は、イベント登録、電子メール購読、オンライン寄付サービス、郵便、電信送信、電話、その他の電子的な手段を通じて個人データを収集します。キワニスでは、使用する情報をドナーが任意で提出した場合、または公開の情報源により利用可能な場合にのみ、この情報を収集します。
  • ユーザーがこの種の情報をオンラインで提出することを希望しない場合は、キワニス子ども基金に問い合わせ、情報を送信するための適切なチャネルを決定することができます。
  • キワニスはこれらのサービスから、個人の氏名、電子メール・アドレス、企業名、役職、第2の電子メール・アドレス、住所、都市名、県名、郵便番号および電話番号(自宅、職場、または携帯)を収集する場合があります。個人の出席、食事の好み、ゲストなど、イベント関連の情報を収集することもあります。寄贈に関する認識を促進するため、配偶者、寄付者、基金の提供された名前や電子メールを収集する場合もあります。この種の機密情報は、IRS目的のために記録として保存されます。
  • キワニス子ども基金はCAN-SPAMに準拠し、ドナー、ボランティア、同窓生、フレンドはいつでも、連絡先リストから「オプトアウト」または削除することを選んだり、電子メールの購読を解除することができます。キワニス子ども基金は、口頭または文書による依頼により、すべての個人への通知を中止します。
  • キワニスは、一部の電子通信を配布するために、電子メール配信プロバイダーを使用します。電子通信に関する選択を変更するには、https://ki.informz.net/KI/pages/subscribe で、電子メール・プリファレンス・プロフィールを編集します。こちらのリンクを使用し、いつでもプロフィール・プリファレンスを変更したり、購読を解除(オプトアウト)できます。
  • キワニスのプライバシー・ポリシーに関する質問、または「オプトアウト」の依頼については、以下にお気軽にお問い合わせください。

    キワニス子ども基金
    3636 Woodview Trace
    Indianapolis, IN 46268

    フリーダイヤル:1-800-KIWANIS、内線番号254(米国およびカナダ)
    世界共通番号:+1-317-217-6254
    ファックス:+1-317-471-8323
    電子メール : childrensfund@kiwanis.org
  • キワニス子ども基金は、契約の中止に関するすべての依頼について、データベースに電子記録を保存します。口頭での依頼は、キワニス子ども基金のスタッフが文書で記録し、次にドナーの電子データベースに恒久的に保存されます。
収集する可能性がある情報の種類
キワニスに提供される情報:キワニスが電話、SMS、電子メール、郵便、ファックス、直接会うことにより連絡を取る場合、またはウェブサイトの特定の部分にアクセスした場合、キワニスは次のような特定の情報の提供を求めることがあります。
  • 名前、ユーザー名、内部識別子、政府発行の身分証明書、写真、バイオメトリック・データ、年齢、人種、国籍または種族的出身、言語、閲覧行動、通話記録、クリックしたリンク、性別、地理的場所、所得階層などの個人情報。
  • 電子メール・アドレス、実際の住所、電話番号、IPアドレス、Macアドレス、ブラウザー・フィンガープリント、国、GPS座標、部屋番号などの間接的情報。
代理としてキワニスが収集する情報:ドナーの方々に対し適切に役立つために、キワニスは次のような公開されているデータを保存する場合があります。
  • 意見、意向、興味、食べ物の嗜好、色、好き嫌い、音楽、パスワード、PIN、母親の旧姓など、思想に関する情報。
  • 職業、給与、職歴、学歴、検定、社会的地位、配偶者の有無、宗教、政党所属、通信メタデータ、電話記録、ボイスメール、電子メール、家族構成、親類、子、婚姻、友人、社会的つながり、血縁関係、交友関係、グループ会員などの社会的情報。
  • 所得階層、クレジットカード番号、銀行口座、購入品、売上、クレジット、収入、貸出記録、取引、税金、購入および消費パターン、信用情報、信用度、信用状態、信用能力、自動車、家屋、アパート、個人財産など、所有に関する情報。
データの保存
  • ドナー情報は、パスワードにより保護された、セキュアなデータベースに保存されます。認可された個人だけが、適切な事業目的のみのために、この情報にアクセスできます。侵入検知システムにより監視された、セキュアで暗号化されたネットワークを介してデータの転送は行われ、データ・プライバシー業界大手の24時間サイバー・セキュリティ・サービスにより監視されます。この情報は、幅広いメンバーと認可されたスタッフに、極秘かつ必要最小限ベースで共有されます。
オンライン・セキュリティおよび施行t
  • オンラインでの寄付やアカウント情報など、特定の種類の機密情報を送信および受信する場合、キワニスは、SSL暗号を通じてやり取りを行い、傍受やハッキングのリスクを低減するよう設計された、セキュアなサーバーにビジターをダイレクトします。ブラウザのキワニス子ども基金ウェブサイト・アドレスの「http」が「https」に変化したら、キワニスのウェブサイトのセキュアなエリアにいることを示しています。「s」は「secure(セキュア)」を表しています。キワニスは、業界標準のファイアーウォールとパスワード保護システムによって守られた、セキュアなデータ・ネットワークを運営しています。キワニスのセキュリティおよびプライバシー・ポリシーは、定期的に見直され、必要に応じて強化されます。このプライバシー通知は随時更新される可能性があります。プライバシー通知が更新されると、プライバシー通知が最後に更新された日時が反映されるよう、最新更新日が更新され、ドナーは電子メールで改訂についての通知を受けます。
  • キワニスのプライバシー通知を順守することが要求された、認可された個人のみが、顧客が提供した情報にアクセスできます。
  • クッキー - 「クッキー」は、匿名によるウェブサイト・ユーザー行動データの収集と解析のために、キワニス子ども基金のデジタル・プロパティに関連して使用される場合があります。クッキーとは、ウェブサーバーからブラウザに送信される少量の識別子データであり、コンピューターのハードドライブに保存されます。クッキーを使用することにより、明確に知らされないままに情報が収集される可能性があります。多くのブラウザは初期設定でクッキーを受け付けるようになっていますが、クッキーを拒否したり、クッキーが送信されるときに警告を出すように設定を変更することが可能です。クッキーを拒否してもウェブサイトの一部の使用は妨げられませんが、クッキーがない場合ウェブサイトの他の部分は適切に機能しないことがあります。ご使用のウェブ・ブラウザを適宜指示することにより、クッキーを拒否したり中止することができます。
  • IPアドレス - キワニス子ども基金はまた、アクセス数、アクセスされたページ、サイト上での平均滞在時間、同様の項目を測定するために、このサイトのユーザーに関するIPアドレス、ドメイン・ネーム、同様の項目も収集することがあります。キワニス子ども基金は、サーバーに関する問題を診断したり、ウェブサイトを管理したり、統計数値によりウェブサイトのビジター・トラフィックを追跡するためにも、IPアドレスを使用する可能性があります。
  • クレジットカード - キワニス子ども基金は、PCIデータ・セキュリティ・スタンダード(PCI DSS)に準拠しています。これは、クレジットカード情報を処理、保存、または送信するすべての企業がセキュアな環境を維持していることを確認するための、一連の要件です。基本的に、これにはマーチャントID(MID)を持つあらゆる業者が含まれます。決済プロセスにおいて決済アカウントのセキュリティを改善することに注力しつつ、Payment Card Industry(PCI)セキュリティ・スタンダードの継続的な発展を管理するために、PCIセキュリティ基準審議会(PCI SSC)は2006年9月7日に始動しました。キワニス子ども基金のスタッフは手動でクレジットカードの払い戻しを処理します。PCI準拠のベスト・プラクティスを実施することにより、クレジットカード番号を保護するために常に努力が払われます。ウェブサイト上で収集された、またはオンライン寄付システムを通じてキワニスのスタッフによって料金請求されたクレジットカード情報は電子処理システムに安全に保存されます。完全なクレジットカード番号は処理後、スタッフを含め誰も入手することができませんが、紙面のクレジットカード・フォームに料金請求されてから、鍵付きのキャビネットおよび認可されたスタッフのみがアクセスできるその他の場所に保管されます。

キワニス子ども基金/ユース情報

地域のキワニス・キッズ(KKids)クラブに関連するキワニス子ども基金、ビルダーズ・クラブ、キー・クラブの関係者が保存するメンバーのデータはすべて極秘で私有ものと見なされ、許可なくサードパーティと共有されることはありません。キワニス子ども基金は、キワニス子ども基金への寄付またはその他の支払の結果として受け取ったあらゆるデータを保護するために、上述の基準に従います。キワニス子ども基金は、1998年の児童オンライン保護法に従い、子どもに関するあらゆるデータを保護します。キワニス子ども基金が、13歳未満の児童から個人情報を収集することはありません。キワニスは、子どもたちにキワニスのウェブサイトを訪問し、キワニス・ファミリー・プログラムについてより詳しく知ってもらうことを促進しますが、保護者が当ウェブサイトおよび他のすべてのオンライン・サイト上での子どもの活動を承認し、厳密に監督することを奨励します。子どもたちに対してはウェブサイトに情報を入力する前に保護者に確認を取ること、保護者に対しては、知らない相手に個人情報をオンライン上で提供することに関して、子どもたちとその制約について話し合うことを強く求めます。

情報の提供
  • キワニス子ども基金は、子どもに関する物語を使用し、彼らのプライバシーを保護するために架空の名前を使用する場合があります。

イベント

イベント参加者の情報
  • キワニス子ども基金はシステムを活用し、イベントの席に参加したゲストに関する情報を収集する場合があります。この種の情報には、名前、電子メール、企業、住所などがあります。
  • ゲストは、このポリシーで説明されている「オプトアウト」オプションに従うことも可能です。

サービス・プロバイダーに関するプライバシー保護の執行

  • データが共有される場合、サービス・プロバイダーとの間で秘密保持契約が締結され、キワニス子ども基金とサービス・プロバイダーとの契約に含まれる契約規定によりデータの共有が回避されます。キワニスでは、代理としてサービスを実行するために、または法的規制に準拠するために、必要な場合を除いて、これらのサービス・プロバイダーに対し情報を使用または開示する権限を与えません。
  • またキワニス子ども基金は、研究目的のために、ユーザーに対して時に調査を行うことを求めることがあります。さらに、キワニスのウェブサイトのサービスでは、これらのサービスを利用するために、オンライン・フォームに記入したり、キワニス子ども基金に電子メール・メッセージを送信することを求める場合もあります。キワニス子ども基金は、すべての個人情報を含め、このような状況で提供されるあらゆる情報を収集します。

企業/従業員の寄付に関するプライバシー保護の執行

  • 従業員による寄付プログラムやキャンペーンを通じて、キワニス子ども基金を支援している企業もあります。一般的にこれらは企業が管理し、給与天引きにより処理されます。
  • キワニス子ども基金は、ドナーの認識やクラブの資金調達監査レポートのために、累積的な寄付総額を共有するほか、個人ドナー/従業員名も共有する場合があります。
  • 従業員は、雇用主に対し適合する寄付プログラムに参加することができます。適合する寄付の依頼が、従業員を承認した上で、適切な事務手続きを処理するために企業に送付されます。

ドナーから個人データを収集する場合に、提供される情報

1. ドナーに関する個人データがドナーから収集される一方で、キワニス子ども基金は、個人情報を取得する際にドナーに対し次のすべての情報を提供します。
  1. キワニス子ども基金、および該当する場合はキワニス子ども基金代表者に関する身分証明と詳細な連絡先。
  2. 該当する場合はデータ保護責任者の詳細な連絡先。
  3. 個人情報に対して意図されている処理の目的、および処理に関する法的根拠。
  4. キワニス子ども基金またはサードパーティが求める正当な利益に基づき処理される場合:
  5. 該当する場合に、個人データの受取人または受取人のカテゴリー。
  6. 該当する場合に、キワニス子ども基金が第三国または国際機関に個人情報を送付するという事実、委員会による妥当性判断の有無、相当する適切な保護対策へのリファレンス、および個人情報の複写を取得する手段、またはそれらが入手できる場所。
2. キワニス子ども基金は、個人データを取得する際に、公正で透明性のある処理を確保するために必要な、以下のさらに詳しい情報をドナーに提供します:
  1. 個人データが保存される期間、またそれが不可能な場合は、その期間を決定するために使用される条件。
  2. ドナーに関する個人データへのアクセス、訂正、削除、処理の制限をキワニス子ども基金に要求したり、処理に反対したりする権利、およびデータ可搬性に対する権利があるということ。
  3. 1つ以上の特定の目的に対し自分の個人データの処理に同意したデータ主体、または1つ以上の指定された目的のためにこれらの個人データの処理に対し明確に同意したデータ主体に基づき処理が行われる場合、取り下げ前の同意に基づいた処理の正当性に影響を及ぼすことなく、いつでも同意を取り下げる権利があること。
  4. 監督官庁に告訴する権利。
  5. 個人データの提供が法定もしくは契約要求である、または契約を結ぶために必要な要件であるかどうか、およびドナーが個人データを提供する義務があるかどうか、その種のデータを提供できない場合に可能性のある結果に対する責任があるかどうか。
  6. プロファイリングを含む自動意思決定があること、このようなケースにおいては少なくとも、関連する論理のほか、ドナーに関するこの種の処理の重要性および想定される結果についての有意義な情報。
3. キワニス子ども基金が、個人データを収集する以外の目的のために個人データをさらに処理する意向である場合、キワニス子ども基金は、パラグラフ2にあるように、情報をさらに処理する前に該当のその他の目的に関する情報、および関連のさらに詳しい情報をドナーに提供しなければならない。 4. ドナーがすでに情報を持っている限りにおいて、パラグラフ1、2、3は適用されない。

EU諸国の住人のためのデータ主体の権利

いつでも同意を取り下げる権利

自分のデータの使用に同意した場合、同意を取り下げる権利を有します。ただし、同意の取り下げは、取り下げ前にキワニスが実施したことに影響を及ぼしません。同意を取り下げたい場合、または同意の取り下げに関して質問がある場合は、電子メール(childrensfund@kiwanis.org)でお問い合わせください。

自分の個人データに関する質問
自分の個人データに関して質問がある場合は、以下にお問い合わせください:

キワニス子ども基金
3636 Woodview Trace
Indianapolis, IN 46268

フリーダイヤル:1-800-KIWANIS、内線番号254(米国およびカナダ)
世界共通番号:+1-317-217-6254
ファックス:+1-317-471-8323
メール: childrensfund@kiwanis.org

このプライバシー通知に関する質問
このプライバシー通知、または全般的なキワニス子ども基金によるプライバシー保護の執行について質問がある場合は、電子メール(childrensfund@kiwanis.org)でお問い合わせください。